2009年06月30日

小淵沢での宿泊施設

今回の小淵沢滞在で宿泊した所がどんな感じなのか
興味を持って下さっている方がいらっしゃるので、
ご紹介しますね。

小淵沢ウェルネスガーデン別館という所です。
毎日授業を受けるウエルネスガーデンから徒歩約5分程。
もとはアルソアの女子社員寮として使っていたマンション(?)
タイプの建物です。

2名で2Kの部屋を利用します。

私はMadame Chenさんと同室でした☆

キッチンや洗濯機に至るまで、生活に必要なものはほぼ
揃ってます。

P1020985.JPG

P1020987.JPG

P1020983.JPG


参加メンバーの半分は上記の施設、半分の方は
ルラシュ癒しの杜というマクロビオティックホテルに滞在
されてました。
こちらはウエルネスガーデンから車で5分程。

私はかなりおっちょこちょいなので、忘れ物をすぐに取りに
帰れる別館に滞在していてかなり助かりました〜(笑)



いつもクリックのご協力ありがとうございますm(_ _)mにほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ


【ヴェレダ】のトライアルサイズあります!

posted by ルンルン at 02:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月29日

Kushi Institute留学について

今回、私がマクロビオティックを学んだのは小淵沢の
Kushi Institute of Japan です。
実は、私、米国のKushi Instituteへの留学も視野に
入れていました。
本家本元で学んでみたいという気持ちがあったからです。

今回の小淵沢で担当して下さった講師4名とも、米国の
Kushi Instituteで学ばれた方達です。

米国で勉強する良さ(その逆も)を3名の講師に質問
してみました。

○ 自分達がマクロビオティックを学ぼうとした時は、
  日本には学校がなかった。
○ 現在、米国のInstituteの講師のほとんどがバラバラ
  に散ってしまっているので、詳しい知識を持った講師
  はあまりいない。
○ とても古い施設なので、設備(用具)は期待できない。
○ 日本人なら誰でも知っている、海藻や納豆、果ては
  調理道具の扱い方に至るまでを授業で一から学ばなけ
  ればならない。
○ 「"日本人"の根底にある感覚」を、マクロビオティック
  を学んだことで初めて知った外国人講師から説明を受け
  ても「本当に分かってるの!?」と感じてしまう(笑)
○ 癌の治療目的で来ている方が多い。

<良いと思う点>
○ 世界のネットワークができる。
○ 「日本人、もっと休もうよ〜」という雰囲気が味わえる(笑)
○ 使う食材も違うので、驚くようなレシピに出会える。


また、Kushi Institute of Europe(オランダ)についても
教えていただいた。

○ ヨーロッパ中から集まるので、英語がネイティブでない生徒
  が多く、ネイティブばかりの米国Instituteより溶け込みやす
  い。
○ 家族経営(3名)のInstituteなので、少しクセがある・・・



総合すると。。。

現在は、マクロビオティックは

日本で勉強するのが

一番良い環境


特に、パトリシオ氏は久司先生の理念を忠実に伝えており、
知識もかなり膨大。
日本でも上のクラスに進むと久司先生が直接指導して下さる
機会がある。

基礎こそ日本で学んで、
「世界のマクロビオティックも見てみよう」
というスタンスで短期コースなどを受講しに行くというのが
おすすめだそうです。


生の意見は大変参考になりますね!
マクロビオティックをここ、日本で学べる私達は本当に恵まれ
ているんですね。

先生方、丁寧に教えて下さりありがとうございました。


応援クリックいつもありがとうございますにほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ




 




posted by ルンルン at 04:16| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2009年06月28日

KIJ滞在5日目(basic1)

あっと言う間に最終日です・・・早すぎる(T_T)

☆8時00分〜9時00分
朝食

P1030069.JPG
・南瓜粥
・わかめ&もやし&青菜の味噌汁
・きゃべつの茹で物
・梅干し&お新香


☆9時15分〜11時45分
講義C(虻川先生)


5日間学んできたまとめをする予定だったと思うのですが、
この16人のとっても楽しいメンバーのおかげで(?)
授業開始から1時間の話は脱線脱線(^-^)

「マクロビ実践すると、先生みたいに草食系になるんですか?」
とか(笑)

果ては、先生がどれだけ奥様を愛しているかまでのトークに(笑)

その後、急いで(?)マクロビオティックのライフスタイル
について講義をしていただきました。
ここで「なるほどね〜」と思うことも多かったので、また改めて
記事にさせていただきますね。

P1020991.JPG

虻川先生が「このメンバーは最高ですよ」とおっしゃって
下さいました。

私もこの16人のメンバーで勉強できたことを本当に嬉しく
思っています。
また、小淵沢という、こんなに美しい自然があふれている環境
でマクロビオティックの勉強をスタートできた事に最高の喜び
を感じます。
なんて、贅沢で恵まれたスタートだったのでしょう。


KIJのスタッフの皆さん、そして16人のメンバー、皆さん、
本当にありがとうございました。
皆さんのお陰で 、私は毎日ハッピーに暮らすことができました。
かけがえの無い、とても素敵な出会いでした。

ここで、一緒に学べたのも縁だと思います。
皆さんに再会できることを心から願っています。


5日間、
本当にありがとう!!!





P1030072.JPG
帰り際、八ヶ岳のマクロビスイーツのお店の方が差し入れを
用意して下さってました♪
(キャロブ・ごぼう・シナモン・紅茶)
美味しくて、またもや止まらない私達なのでした(笑)


応援クリックいつもありがとうございますm(_ _)mにほんブログ村 料理ブログ マクロビオティックへ






posted by ルンルン at 02:01| Comment(0) | TrackBack(0) | 学ぶ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。